ヘアカラー

大人なヘアカラー選び

30代になってくる女性のヘアスタイルで悩みどころなのが、ヘアカラー選びです。
働いている方ならば年下の部下が増えてきたり、子どもが出来たりする年代です。
このくらいの年代のヘアカラー選びのポイントは、
若ぶって見られない、落ち着いた印象を与えるということです。
ふけてみられることなく、落ち着いた印象を与えるヘアカラー選びを心掛けましょう。
若い主婦の方や学生ならば問題の無い金髪でも、
30代になってくると残念に思われがちです。
目立つ必要がある職業でないならば、金髪はやめておいた方が無難でしょう。
また、プリンヘアーや毛先がぱさぱさになっていると、
手入れ不足に見られてしまいますので気をつけた方が良いでしょう。
そのために、2カ月程度で染め直すことと、
しっかりと手入れをすることを心掛けましょう。
お薦めの色味ですが、色白の方ですと赤みをプラスしたカラーリングがお勧めです。
顔色が良く見え、つやがでやすいカラーとなっています。
黒過ぎると肌のコントラスト差が強くなってしまうので、
6レベル程度のレッド系カラーがお勧めです。

地黒系の方ですと、アッシュ系など青みがかった色味がお勧めです。
青味のカラーリングは、地黒の顔色をカバーして、
明るい印象を与えてくれます。
明るすぎると金髪のように見えやすい色味ですので、
バランスのあったカラーを見つけましょう。
ヘアカラーの色味や変化で、顔の印象まで変わってしまいますので、
これについてはしっかりと考えて選択する必要があるでしょう。
担当の美容師と相談するなどして、
年相応の素敵なヘアカラーを見つけることをお勧めします。

自分にあったヘアカラー探し

ヘアスタイルを考える時に、髪を染めたいと、
漠然に考えている人もいるでしょう。
しかしながら、イメージはあるけれどうまく説明できないという人や、
自分にどのような色が合うのか分からないといった人も多いのではないでしょうか。
自分の肌の色や、顔の系統から、どのようなカラーを入れるのが
似合うのかということをしっかりと把握しておくことで、
理想のヘアスタイルにすることが出来るでしょう。

 

一般的に、寒色系が似合うブルーベースの肌の人は、
マットやアッシュといわれる色味が似合い、
暖職系が似合うイエローベースの肌の方ですと、
カッパーやピンク、オレンジが似合うといわれています。
マットというのは、グリーンが勝ったツヤのない色です。
サマータイプの方や、
サマータイプとオータムタイプの柔らかい印象を併せ持つ
ソフトタイプの方に似合うカラーです。
アッシュというのは青や青紫がかったグレーのカラーです。
クールな印象を作ることが出来ますので、
サマータイプやウィンタータイプの肌の方に似合うカラーとなっています。

 

その他カラーにはさまざまなものがあり、
ヘアカラーの与える印象は大きなものとなっていますので、
担当の美容師と相談するなどして、
自分の顔や肌に合わせて選択することをお勧めします。

 

どのような色が似合うのか分からないという人は、
自分の肌の色がどのようなタイプなのかを知ることで、
それに合うカラーのセオリーを知っておけば、それが参考になるでしょう。
美容師の方も真剣に相談に乗ってくれますので、
相談して考えていくことをお勧めします。

更新履歴