サロンと自宅のカラーリングの違い

サロンと自宅のカラーリングの違い

ヘアスタイルを変える時、ヘアカラーを入れる人も多いでしょう。
このときサロンへ通う方が多いのではないでしょうか。
準備などの手間が必要なく、
比較的安価できれいに染めることが出来るでしょう。
しかし、自宅でのカラーリングも決して難しいものではありません。
準備も一度用意すれば使い舞わせますし、
上手に行えばその仕上がりはヘアサロンにも負けないものとなります。
また、費用も安く済むため、節約したいという方にもお勧めです。

 

カラーリングを行う際のサロンと自宅の一番の違いは料金でしょう。
サロンですと安くても2000円程度はしますが、
市販のヘアカラーは400円台から購入することが出来ます。
費用面を見れば、自宅のカラーリングの方が良いでしょう。
その一方で、サロンで行うことで、
頭皮へのダメージを極力抑えながらカラーリングをすることが出来ます。
美容師の方に伝えることで、適切な薬剤を選んでくれますので、
市販品に比べて痛みも少なくなるでしょう。
そういった面が不安な方は、FAROなどの人気サロンで染めてもらうことをおすすめします。 

 

肌が弱い方が市販品を使うと、
かぶれなどのトラブルのリスクが高くなってしまいますので、
どちらを優先したいのかで、利用する方を決めましょう。
成分についてですが、
市販のヘアカラーとサロンのものは実はほとんど違いがありません。
成分自体は同じものとなっています。
ただし、市販品は自分で選ぶこととなりますので、
頭皮の影響のチェックが難しく、放置時間や塗り方で、
髪へのダメージのリスクが高くなりやすくなっています。
肌の弱い方は、パッチテストを行うなどして、準備をしておくことをお勧めします。