デザインカラーなら冒険出来る

デザインカラーなら冒険出来る

美容室でヘアカラーというと、
髪全体の色を染める事をイメージする人も少なくないでしょう。

 

しかし、最近はデザインカラーと呼ばれるカラーリングが注目を集めています。
ハイライト、ラインカラー、インナーカラー、グラデーションなどなど、
カラーで髪をデザインするという発想が斬新ですよね。

 

ではデザインカラーについて、説明したいと思います。

 

例えば髪全体をオレンジに染めてしまうのは、勇気がいります。
しかしインナーカラーで、耳の周りをオレンジに染める事で、
スタイリングをする時のワンポイントとなります。

 

また髪を耳にかけた時に、
ラインが出るのもとてもオシャレな雰囲気になります。

 

グラデーションは言葉通り、
徐々に髪の色に変化を出すカラーリング方法です。

 

毛先にいくほど、明るくグラデーションすれば、
髪に動きを出す事が出来ます。

 

またロングの人であれば、お団子や髪をアップにまとめた時に、
雰囲気を変える事が出来、オシャレの幅が広がります。

 

デザインカラーのメリットは、全体を染めるわけではないという点です。
そのため、頭皮や髪へのダメージが少なくてすみます。

 

また髪が伸びたからといって、すぐにデザインが崩れてしまう事がありません。
むしろ髪が伸びた場合も考慮して、デザインカラーをする事で
長期間デザインカラーを楽しむ事が出来ます。

 

全体を染める場合は、ついつい無難な色を選びがちですよね。
さすがにオレンジやピンクなど、
全体に染めてしまうと奇抜な感じになってしまいます。

 

ですが、インナーカラーなど一部分を染めるのであれば、
いろんな色で冒険をする事が出来ます。

 

ベースは自分の自毛の色を生かす事が出来るというのも、
デザインカラーのメリットだと言えるでしょう。