自宅でのカラーリング方法

自宅でのカラーリング方法

ヘアスタイルを変えたいという時、ヘアカラーを利用するという人もいるでしょう。
ヘアカラーを入れる際に、サロンを利用する以外に、自宅で入れることもできます。
現在では、市販のカラーリング剤は、色の種類も豊富なものとなっており、
ダメージなどに関しても、極力少なくするような開発がすすめられていますので、
なかなか質の高いものとなっていますので、自宅でカラーリングをするというのもいいでしょう。
ここではその手順を紹介します。

 

自宅でカラーリングをする際に必須アイテムとなるのが、
保護クリーム、ケープ、タオル、クシ、手袋です。
手袋は付属されていますが、
カラーリング剤で汚れたときに取り換えることが出来るので、
自分でも用意しておくのが良いでしょう。
ケープは液が服に付着しないようにするために使います。
カラーリングをするために汚れてもよいTシャツを用意してもよいでしょう。
液はシミになってしまうとほとんど取れませんので注意してください。
つぎにカラーリングの手順です。
まず首にタオルを巻いてケープを装着し、生え際に保護クリームを塗ります。
つぎに、薬剤をよく混ぜて、説明書のとおりの準場院でカラーリング剤を塗っていきます。
ポイントとして、耳周辺や襟足付近は村になりやすいため入念に塗りましょう。
全体に塗り終わったら串で髪をとかして、
全体に均一になるようになじませましょう。
最後に10分から15分程度放置し、水で洗い流します。
忘れずにシャンプーとコンディショナーをして、

ダメージを少なくしましょう。このように自宅でもカラーリングは簡単にできますので、
一度試してみてはいかがでしょうか。

 

カラーリングならMerryの心斎橋店を選びたい