カラーテクニックについて

カラーテクニックについて

ヘアカラーとは、ただ染料を髪に塗るだけなので、
美容師としての技術はあまり問われない。
そう思われるかもしれませんが、そんな事はありません。

 

ヘアカラーと一言でいっても、
いろいろなテクニックを必要とするからです。

 

ではどんな、テクニックがあるのか、
カラーテクニックをいくつか紹介していきたいと思います。

 

例えば単色でムラなく綺麗に染める場合は、ワンメイクと呼ばれます。
個人によって似合う色は異なりますし、
パーソナルカラーの染料がない場合は、
染液を混ぜてオリジナルカラーを作る場合もあります。

 

また単色ではなく、グラデーションで染める場合は、
動きが出るため、立体的なイメージが生まれます。

 

ヘアカラーで色に変化をつけて楽しみたいけれど、
綺麗な髪をキープしたい。
髪にダメージを与えたくないと思うのは、当然の心理ですよね。

 

そこで美容師は髪にダメージを残さないために、
いろいろなテクニックを用います。

 

オーガニックカラーを利用するのも、その1つです。

 

化粧品や食べ物など、
オーガニックに拘っているという人は、少なくないでしょう。
頭皮だって、肌に優しい天然由来のオーガニックの染料を利用しましょう。

 

他にも髪のダメージを少なくする方法として、
リタッチカラーリングというテクニックがあります。

 

これは髪が伸びてきた場合に、全体を染め直すのではなく、
伸びてきた部分だけを染める方法です。

 

髪全体の色と、同じ色で染める、
継ぎ目が分からないように染めるのにテクニックを要します。

 

他にもカラーリングでデザインを楽しむ、
デザインカラーはカラーテクニックの腕の見せ所だと言えるでしょう。
ヘアカラーは技術を要しない、なんて事はまずありません。
美容師によって得意不得意が分かれますから、
カラーテクニックのある上手な美容師にヘアカラーをしてもらいましょう。