カッパーカラーとは

カッパーカラーとは

ヘアスタイルを考える時に、カラーを入れたいという人がいると思います。
しかし、どのようなカラーを入れるか、迷っている人も多いでしょう。
カラーにはさまざまな種類があり、
どのような色にするのかによって、その人の印象が変わるため、
ヘアスタイルを考える上で非常に重要となります。
カラーを入れる際には、担当の美容師と相談するなどして、
どの色にするのが良いのかをしっかりと吟味していきましょう。

 

ここでは、カッパーという色について説明します。

 

カッパーカラーは去年の秋冬にかけてのトレンドカラーとなった色で、
銅の色となっています。
身近なところで、10円玉の色を想像してみるとよいでしょう。
新品の10円玉から、年季の入った10円玉までを想像することで、
そのカラーの幅が想像しやすいと思います。
カッパーカラーは、ピンクほどは赤みが強くなく、
オレンジほど黄色味が強くない、その中間くらいの色で、
明度の調節によって明るく軽い印象から、
落ち着いた印象まで作ることが出来ます。
パーソナルカラーではイエローベースの方が似合う色ですが、
明るめのカッパーはブルーベースのサマータイプの方、
暗めのカッパーはブルーベースのウィンタータイプの方に似合う場合があります。
明度と彩度によって、似合う肌のタイプが変わってきますので、
割と幅広い肌のタイプに合うカラーとなっております。
どのようなカラーを入れるか迷っている方は、
カッパーカラーを選択肢に入れてみてもよいかもしれません。

担当の美容師に相談するなどして、
どのようなカラーが似合うのかを探していくことをお勧めします。
新宿で人気のサロンはこちら